メディカルハーブとストレスケアのお話

体調のイメージ図

現代の心身の不調はストレスに起因するものが多いです。生活習慣病もストレスの積み重ねによって誘発されるものも少なくありません。しかし現代ではストレスのない社会生活は考えられません。

ならば心身のケアとストレスを良く知り、ストレスと共生するしかありません。対処療法では病因性解決はできますが、全体的(ホリスティック)な解決はできません。病因性解決は体調ベースをゼロにすることはできないのです。(再発するか別の不調が現れます)

ストレスは人それぞれ、千差万別です。自分の置かれている環境、ライフスタイル、人間関係、社会的地位などの要因を分析して、心身ともに健全な生活環境を作ることが肝心です。生活習慣を見直し、少しでもストレスを軽くするよう、心と身体をケアしましょう。

近代医学以外の主に伝統的な療法を代替療法といいます。その多くには健康管理や病気の予防、治療を行うときに、人の体にもともと備わっている自然治癒力を利用するという共通点があります。これを「自然療法(ナチュロパシー)」と呼び、メディカルハーブもその一分野にあたります。

自然療法では、健康なときの人の体は全体的に一定のバランスがとれた状態(ホメオスタシス)になっていて、そのバランスが崩れようとしたときには、元の調和した状態に戻す力が働くと考えます。これが自然治癒力です。人を心も含めて全体的(ホリスティック)にとらえ、その全体のバランスが崩れないように常に気をつけることです。ここが対症療法的に病原や病んだ局所へのみ働きかけようとする近代医学との一番大きな違いです。

たとえば、風邪などで高熱が出た場合、近代医学では抗生剤と解熱剤を使うのに対して、自然療法では体を温めて汗をかかせようとします。発熱は細菌やウイルスに対する身体の反応なので、それを補助するためです。自然治癒力に絶大の信頼を寄るのが自然療法なのです。

メディカルハーブと近代医学との違いもほかの自然療法と同じで「薬」という観点に絞るとそれはもっとはっきりします。近代医学の薬が単一成分なのに対して、メディカルハーブには非常に多くの成分が含まれています。これは、作用が穏やかで、一点集中ではなく全身に作用することにつながります。多くの成分がバランスよく働くからです。

含まれている成分の量自体も医薬品に比べると格段に少ないため、副作用など有害な作用の心配がなくなります。一方の長所はもうー方からすれば短所でもあるので、どちらがいいということではありませんが、違いが大きいことは確かです。

また、現代の身体の不調は多かれ少なかれストレスに起因するものが多いのも現実です。生活習慣病もストレスの積み上げによって誘発されるものも少なくありません。しかし現代ではストレスのない社会生活はできないので、ならば心身のケアとストレスを良く知り、ストレスと共生する方法を見つけるしかありません。

ストレスは人それぞれ、千差万別です。自分の置かれている環境、ライフスタイル、人間関係、社会的地位などの要因を分析して、心身ともに健全な生活環境を作ることと生活習慣を見直しながら根本的な解決に向け、時間をかけて辛抱強く改善を試みることが大事です。 そのための一助となるためのメディカルハーブを活用した製品を開発していきます。

日本メディカルハーブ協会HPを引用)