庭鶏たちの宿命

鶏肉は⾧らく卵の副産物として食されてきました。

鶏(にわとり)が日本に渡来したのは弥生時代の初めごろ。『古事記』で「常世(とこよ)の⾧鳴き鳥」と記されたように、時を告げる聖鳥として大事にされていたようです。

古墳時代には、農耕に従事する人たちの間で、卵を取り、その後卵を産まなくなった鶏を食べる習慣が日常的になりました。

 

その後、時代を経て養鶏が盛んになり、江戸時代には全国に広がります。海外から入ってきた新しい鶏、シャモやコーチンが人気を博したのも江戸時代です。

テレビドラマの鬼平犯科帳の密偵のアジトがシャモ鍋「五鉄」でした。(笑)

 

明治以降、外国種の輸入と交配の研究が進みますが、戦前までは鶏肉は牛肉よりも高級な食品でした。現在のような手ごろな価格で手に入るようになったのは戦後、肉用専用種「ブロイラー」の導入が始まってからのことです。

 

現在、市場に出回る鶏肉は、ほとんどがブロイラーと呼ばれる外国鶏種です。ブロイラーとは短期間で出荷できる肉用若鶏の総称で、成⾧が速く、飼料効率にも優れています。通常約50 日で大きく成⾧し、歩留まりも良いため、非常に高い需要を誇っています。価格が手ごろで、やわらかい肉質が特徴です。

 

一方、流通量も生産量も少ない、希少な鶏肉が国産鶏種の「銘柄鶏」や「地鶏」です。純粋な国産鶏種は約2 パーセントほど。食生活や嗜好(しこう)の多様化により、全国各地で、地方の在来種や肉の味わいに定評のある鶏を利用した品種改良が進められてきました。効率性を重視するブロイラーに対し、地鶏や銘柄鶏は、うまみや歯応えを重視し、飼料や飼育方法にも工夫を凝らして生産されています。

 

ではタマゴを生む鶏はどうなるのでしょう?

タマゴを生む鶏は親鶏とかレイヤーと言われ、2年くらいでタマゴを産まなくなった後、食材として食品メーカーや大手外食企業に引き取られて、ハンバーグやその他の鶏肉料理や冷凍食品の材料となります。

 

しかし昔から親鶏を食べる習慣もあって、主に関西や九州では普通に食べています。

親鶏はブロイラーに比べて肉質は硬いのですが、その分アミノ酸などの旨味が凝縮されていて味があります。

関東では柔らかい鶏肉が好まれますが、味のある親鶏を使って工夫を凝らしたメニューが関西や九州には多く見られます。

代表的なのが宮崎県の「鶏の炭火焼」、鹿児島県の「鶏飯」、兵庫県の「ひねポン」などです。

 

今回のGWキャンペーンでお買い上げいただいた「鶏の炭火焼」はいかがでしたか?

クセになる旨味ではありませんでしたか?

 

私は個人的にはハーブ味が一番好きですが、塩味もスパイス味も美味しいと思います。

レトルトですので賞味期限も180日ありますので、お客さんが来た時の賄いとしてストックしておくこともできるし、宅飲みのおつまみにはちょうどいいサイズではないでしょうか?

 

GWキャンペーンは終了して、少しだけ値上げしましたが引き続きオンラインショップでは販売していますので、これを機会に今後ともご支援のほど、よろしくお願いいたします。

 

オンラインショップはこちらから → https://umaimono.official.ec/